なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

トップページ> mixi SNS ブログアフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ> mixi SNS ブログアフィリエイト
米Google(グーグル)は、インターネットの広告にもソーシャル機能を組み込み
始めました。Webサイトに表示するディスプレイ(バナー)広告に関し、閲覧した
利用者が称賛及び好感を示すことのできる「+1(プラスワン)」ボタンを押せる
ようにします。+1ボタンによる広告の評価は利用者間で共有できるようにし、
あわせて利用者が+1ボタンを押した広告をその友人に優先表示します。


Googleアカウントにログインした利用者が、動画、ニュース又はネット検索結果
と並ぶリンク等について、称賛又は好感の意思表示として+1ボタンを押すと、
同じくGoogleアカウントにログインした友人等が同じものを閲覧した際に推奨の
印を表示する仕組みです。今年3月に開始され、SNS世界最大手Facebook
(フェイスブック)の「いいね!(Like)」ボタンへの対抗と見られています。

今年の10月からは、Googleの広告サービス「AdSense(アドセンス)」を通じて、
様々なサイトに表示しているディスプレイ広告に+1ボタンを導入します。

例えば、Aという人が格安航空券の広告を閲覧し+1ボタンを押した場合には、
その友人が同じ広告を閲覧した際に、Aという人がアカウントに登録した写真
とともに、+1ボタンを押したことを説明するテキストを表示します。その結果、
広告により多くの注目が集まり、クリック率の増加が見込めることになります。

また、AdSenseは利用者個人(運営サイト)に関連の深い広告を選択して自動
表示しますが、新たに利用者の友人が+1ボタンを押したかどうかを関連性の
指標に含めるようです。

+1ボタンを導入するのは、PC及び携帯電話向けのディスプレイ広告であり、
静止画像、GIFアニメ及びFlashアニメが対象となります。

ちなみに、サイト管理者がGoogleAdSenseを導入していて、+1ボタンを表示
させたくない場合には、設定により無効にすることもできます。

Digital Today:Google、広告もソーシャル化、バナーに「+1」ボタンを導入
スポンサーサイト

トップページ> mixi SNS ブログアフィリエイト
PRは、「恋愛」と同じようなものだという考えがあります。自分の想いを届ける
のが、恋愛相手からメディアに変わっただけです。メディアに恋すれば、取材
される可能性が高まるというのです。

単に「取材してください」と言うだけでは、見知らぬ女性に「付き合ってください」
と声をかけて回るのと同じことです。それは、単なるナンパにしか過ぎません。
ナンパは、何百人に声をかけてようやく実るものです。それよりは、特定の人
に想いを伝えたほうが確実であり、その後の関係性もいいものになります。

そのためには、自分の良い所を懸命にPRする必要があります。企業のPRも
方法的には同じです。そこで重要になるのがキーワードです。キーワードは、
流行をとらえたものがよいのは当然です。「節電」(冬季バージョン)、「節約」、
「手帳」、「カレンダー」、「読書」、「お正月」、「クリスマス」、「冬のボーナス」等、
これらはマスコミがいま気にし始めているキーワードになります。

もちろん、「東日本大震災」、「復興」、「放射能」等に関するキーワードも掲載
されやすいものですが、御存知のとおり慎重な取扱いが求められます。目的
を「利益」よりも「社会貢献」等へシフトする必要性があります。つまり、大切な
ことは、「共感」です。

「どうすれば、節電で共感してもらえるのか?」、
「どうすれば、クリスマスに自社製品・サービスを紹介してもらえるのか?」
ということになります。そこが大切なのです。是非ともそのあたりを狙って行ってください!

すでに月刊誌は、お正月の企画を準備し始めました。常に三ヶ月先を狙っていってください。ボクのクライアントの中には、既に、来春の企画を考えているところもあります。
ぜひともぜひとも。

AdverTimes:特別に、これから掲載されるキーワードを大公開!

トップページ> mixi SNS ブログアフィリエイト
セキュリティ対策会社として有名なマカフィーは、ネットを介して出会った男女
が認識の違いから犯罪にまで発展している状況を踏まえ、安全にオンライン
において出会いを見つけるために注意しておきたいポイントを紹介しています。

同社は、オンラインの交流においては、「慎重に行動することが極めて重要」
としたうえで、5つの注意点を挙げています。



【第1の注意点】
登録するサイトは、有名なサイト又は友だちが利用しているサイトで推薦して
もらえるものを選ぶということです。また、登録後はしばらく匿名でいることが
推奨されています。それは、誠意を感じられない人、不愉快な人等と遭遇した
場合に身の安全を保つことが容易だからです。

【第2の注意点】
オンラインにおける「やり取り」を、相手がどのようにとらえているかを客観的に
確認することです。相手がデートとして見なしているような会話ならば、相手は
オンラインの回数だけデートしたと考えている可能性があるとのことです。これ
までのやり取りから、直接会った時に何が予想されるかを冷静に推測するよう
アドバイスしています。

【第3の注意点】
インターネット上の掲載写真に関することです。相手に写真を送る場合には、
世界中の人、友達又は家族と共有しても問題がない画像かどうかを確認し、
1度オンラインに投稿した写真は自分の意思とは無関係に流出する可能性が
あることを認識すべきと警告しています。



【第4の注意点】
相手に会う時に最善の注意を払うことです。公共の場所で会うようにしたり、
友達を連れて行ったりしたうえで、かつ、友達連れの場合であっても相手の車
に乗ることは絶対に避けるよう、アドバイスしています。

【第5の注意点】
お金にまつわるトラブルです。相手が借金を頼んできたり、自分の所持金又は
貯金について尋ねてきたりしたら、サイトに速やかに報告すべきとしています。
オンラインデート詐欺は、通常、詐欺師が被害者と親しくなることから始まり、
ある程度親しくなった段階で、金銭トラブルに遭っていると言ってくるようです。

これらの点に注意しつつ、皆さんも安全かつ楽しい交流を行ってくださいね♪



McAfee Blog:オンラインで「出会い」を見つけるための5つのヒント

 | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。