なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

トップページ> 健康 美容 ダイエット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ> 健康 美容 ダイエット
イギリスのダイエット専門サイト「Tesco Diets」が昨年ダイエットを行ったという2,000人を対象にアンケートを行った結果、「日曜日」又は「月曜日」がダイエットのスタートに相応しいとの結論に達しました。

アンケートによると、月曜日にダイエットを始めた人は平均で3週間に3.6キロの減量に成功す、また日曜日にスタートした人のおよそ88%がその体重をキープしているとのことです。

その反対に、最もスタートに適さないのが「火曜日」です。火曜日にダイエットを開始した人の28%以上が6日以内にリバウンドしているとのこと。この短期間の体重の戻りをリバウンドと言えるのかは微妙なところ…。さらに、1週間の仕事を終えた開放感のためか、週末の金曜日にダイエットを止めてしまう人が多いのもわかりました。

Tesco Dietsの広報によると、「週の半ばで食習慣を変えるのは難しいが、心理的には週の初め又は週末からスタートする方がやる気が出るし、続きやすい」とコメントしています。

また、このアンケートでは女性が平均で年3回ダイエットを“決行”し、それぞれ3週間程度で挫折しているとの結果も出ています。

ちょっと耳の痛いお話ではありますが、今後の参考にしてください♪

ハリウッドチャンネル:“火曜日”にダイエットを始めるとリバウンドする!?
スポンサーサイト

トップページ> 健康 美容 ダイエット
日々の仕事に追われ、日頃の運動不足を痛感している人も多いと思います。
そのような方にお勧めされるのが、「きょうのストレッチ」(ポプラ社)です。

これは、日めくり式カレンダーのようなストレッチ教本です。イラスト付きで紹介
されている1日1種類のストレッチを毎日実践すると、体のゆがみ矯正、肩こり・
腰痛等が改善されるという“77日間完結のストレッチプログラム”になります。

ストレッチは、“2週間+8週間+1週間”の3ステップ構成となっており、“その
時の体の状態がわかる”という「スタートストレッチ」(14種類・2週間)から始め、
2箇月継続すれば確実に体調の変化を実感できる「基本ストレッチ」(8週間)
をクリアしたら、さらに難易度の高い「チャレンジストレッチ」(1週間)により体を
仕上げていく流れとなってちます。

毎日継続するという習慣化によりケガの予防になるほか、免疫力がアップして
“疲れにくい体”を手に入れることができるようになります。

何かしら運動をしようとは思うものの、なかなか踏み出せていない方にとって、
日めくり式の「きょうのストレッチ」は強い見方となってくれるかもですね♪

東京ウォーカー:1日1種類の日めくり式!簡単ストレッチ教本が人気

トップページ> 健康 美容 ダイエット
ウォーキングをしているけど痩せない、自転車に乗ってるけど逆に太った等の
ダイエットしているつもりなのに効果が出ないという方はいませんか?

今回は、マイナビニュース「運動してるけど、やせないのはなぜ?」の記事から、
その要点を御紹介させていただきます。

早く痩せたいということで「1、2箇月で10kg落とす」等の目標を掲げると、身体
に負担をかけてしまうので、少々努力をすれば手が届きそうな目標を設定する
ことがよいとされます。理想は1箇月に1kgです。ちなみに、体重を1kg減らす
ためには7,000kcalの消費が必要となります。

カロリー消費及び脂肪燃焼を手助けしてくれるのが有酸素運動です。有酸素
運動は、酸素をとりこみつつできるだけ長時間行うことができるウォーキング、
ジョギング、水泳等がその代表になります。

有酸素運動には、心臓、肺等の呼吸・循環器系にあまり負担をかけず、しかも
その機能を向上させる効果があります。適度な運動強度及び心拍数を設定し
取り組めば、シェイプアップはもちろんのこと、心肺持久力の向上、疲れにくい
身体をつくり、ストレス解消へとつながります。

有酸素運動の中でも手軽にできるウォーキングを例に挙げてみると、1kcalを
消費するのに必要な歩数は30歩です。1kg減らそうと思うと、30歩×7,000kcal
=21万歩く必要があります。1歩80cmとすれば、21万×0.8m=約160kmです。
24時間マラソンでもない限り、この距離を一度に歩くのは非現実的と思えます
が、1日1万歩と考えれば、21日(3週)間で1kg減らすことは可能となります。

また、有酸素運動は健康維持のために20分以上が望ましいと言われています。
つまり、痩せたい場合には30分以上の時間が必要となります。その理由は、
運動して15~20分までのエネルギー消費の割合は脂質よりも糖質の方が高く、
20分以上の時間が経過すると、脂質の割合が大きくなるからです。

なお、糖質(炭水化物、ブドウ糖等)は、脂肪を燃やすために必要です。糖質が
無ければ、タンパク質を得るために、筋肉(アミノ酸)が分解されてしまいます。
筋肉を減らさないためにも、運動をする前に最低限の糖質を取得しましょう。

ただし、全く運動をしたことがない方がいきなり30分以上行うのはストレスかも
しれません。そんな場合は、10分ずつに分けて、有酸素運動を行います。この
場合、燃焼する量が20分以上の場合と比較すると少なくなりますが、最初から
脂肪は燃焼することになります。

 | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。