なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> リスクアプローチでポイントを絞る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ試験迄の日程・簿記閑話> リスクアプローチでポイントを絞る
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?-身近な疑問からはじめる会計学-
の[P150]からの引用になります。

 すべてを調べるのではなく、重要そうな一部をサンプルとして取り上げてそれを調べる。大事な一部分を調べることで、「まあ全体としても大丈夫だろう」と太鼓判を押すのが監査の仕事なのである
 「木を見て森を見ず」ならぬ、「木を見て森を推測する」といった感じだろうか。
 監査用語では、これをリスクアプローチと呼んでいる。リスク、つまり不正や粉飾(ふんしょく)がありそうなところに重点的に取り組むという方法論である。
                  <中略>
 私は4年間、高校生に大学受験対策として現代文を教えていた。そのときにまず教えた攻略法は「文章のなかから『過去』と『現在』、『自然』と『機械』といった対比されているふたつのものを見つけなさい」ということだった。
 どんなに難解な文章でも、大学受験で出題されるようなものであれば、必ずなにかの対比を軸に語っているはずだからだ。対比の軸さえ見つけてしまえば、文章が難解で何をいっているのかよくわからなくても、問題を解く際にはなんとかなるのである。

試験問題は短い時間で解答させることが前提なので、
何かしら解答するための手掛かりとなるものがあるものです。

上記の現代文の例では、対比されているものを押さえることにより、
その文章の内容を理解し、解答の足掛かりとしようとするものです。

このように試験問題や監査実務に限らず、
物事の本質を理解する上で必要な何かがその中に隠されていますので、
その何かを見抜く目をいかに養うかが大切であると言えるでしょうね♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント

リスクアプローチでポイントを絞る

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1023-e3c50975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスクアプローチでポイントを絞る

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「リスクアプローチでポイントを絞る
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「リスクアプローチでポイントを絞る 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。