なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 蟹工船ブームで漫画の売上も好評
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 蟹工船ブームで漫画の売上も好評
プロレタリア文学を代表する小林多喜二氏の「蟹工船」が現在好評ですが、
「多喜二虐殺に匹敵する文学的事件」との声もある空前のブームを受け、
小説だけでなくマンガにも注目が集まっているようです。


書店で平積みにされる「蟹工船」。
古典とは思えぬ売れ行き。

蟹工船」は、昭和4(1929)年に発表された小林多喜二氏の小説で、
カムチャッカ沖で蟹を採取し缶詰に加工する「蟹工船」を舞台に、
過酷な状況下で労働者が非人間的な扱いを受ける様子を描いています。

80年も前の小説が今、ブームになっているようで、
文庫「蟹工船・党生活者」は、毎年およそ5千部が印刷されていますが、
今年はすでに10万部以上増刷されています。

しかし、昭和初期に書かれた「蟹工船」は、
その時代特有の言葉使いや方言も多用され、読みづらい面があることから、
「入門用」として漫画版も発売されており、こちらの売れ行きも好調です。


「マンガ蟹工船」。
虐げられる労働者の姿がリアルに描かれています。

マンガ蟹工船―30分で読める…大学生のための」と題されたこの作品は、
小林多喜二氏の資料収集を行っている白樺文学館多喜二ライブラリーが、
企画・編集し、平成18(2006)年11月に発売したものになります。

この漫画版は、全部で約160頁ですが、原作をほぼ忠実に再現した内容で、
地獄のような環境で働く労働者たちの姿がリアルなタッチで描かれています。

今回の「蟹工船」ブームを受け、「実はエリート銀行員だった」など、
多喜二氏の知られざる側面にもスポットが当たりつつあります。

J-CAST:「多喜二虐殺に匹敵する事件」 蟹工船ブームでマンガも売れる
http://www.j-cast.com/mono/2008/05/29020633.html
関連記事

コメント
この記事へのコメント

蟹工船ブームで漫画の売上も好評

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1057-f87a26ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟹工船ブームで漫画の売上も好評

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「蟹工船ブームで漫画の売上も好評
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「蟹工船ブームで漫画の売上も好評 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。