なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 本場フランスでも認められた<神の雫>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページTVドラマ お笑い 癒し> 本場フランスでも認められた<神の雫>
「神の雫」は、亜樹直(あぎ・ただし)さん原作、
オキモト・シュウさん作画により、「モーニング」誌で連載されています。

主人公の神咲雫(かんざき・しずく)は、
世界的ワイン評論家である父・豊多香(ゆたか)への反発から家を飛び出し、
大手ビール会社に就職しています。

雫にワイン事業部への異動話が持ち上がった矢先、
豊多香が急逝し、20億円とも言われる遺産の相続権を、
豊多香が選んだ12本の偉大なワイン「十二使徒」と、
その頂点に立つ「神の雫」と呼ばれる幻の1本を
すべて当てたものに渡すとの遺言が残されました。

雫の前には、豊多香と養子縁組した若き天才ワイン評論家、
遠峰一青(いっせい)が現れ、ワインを巡る二人の対決が始まる……
というストーリーになっています。


「神の雫」の最大の特徴は、さまざまなワインを味わった瞬間の表現で、
雫がワインを口にすると、原料となったぶどう畑の風景や、
家族との思い出の光景など、幼い頃から豊多香とともに体験した記憶が
フラッシュバックのように浮かんできます。

遠峰は、ミレーの名画「晩鐘」や歌劇「サロメ」などの芸術作品に重ね、
ワインの味わいを生み出す畑や土壌の環境「テロワール」を描き出します。

雫が、英ロックバンド「クイーン」の音楽が「聴こえてきた」と評した
01年産の「シャトー・モン・ペラ」は、3千円台とお手頃ながら、
数万円のワインにも引けを取らないものとして紹介され、
実際のシャトーに日本からの問合せが殺到したということです。

日本だけにとどまらず、韓国では05年11月に単行本が発売され、
ワインは高級品というイメージが強かったようですが、
産地や製造者など複雑な要素が絡み合うワインの“教科書”として
累計で210万部の大ヒットを記録し、富裕層向けの豪華版が発売され、
亜樹さんも講演に招かれる人気ぶりとなっています。

08年には、ワインの本場フランスでも発行され、好評を得ています。

ビール、お酒、焼酎、ワインなどいろいろなアルコールがありますが、
楽しみながら飲むことが一番大切ですよね♪

Yahoo!ニュース:<神の雫>ワインの“味力”をマンガで 本場フランスでも人気
関連記事

コメント
この記事へのコメント

本場フランスでも認められた<神の雫>

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1164-2a1f06d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本場フランスでも認められた<神の雫>

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「本場フランスでも認められた<神の雫>
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「本場フランスでも認められた<神の雫> 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。