なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> ミツバチ不足で果物の価格高騰!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> ミツバチ不足で果物の価格高騰!?
イチゴやスイカなど果物や野菜の受粉に使われる「セイヨウミツバチ」
が不足しているため、生産コストが上昇し農家が苦慮しているそうです。

農林水産省によれば、特に茨城、鳥取など7県の不足が深刻で、
最大約1,000万匹足りないと見込まれ、このまま不足が続けば、
果物などの価格高騰につながりかねない状況となっています。

受粉でセイヨウミツバチを使う作物は、イチゴのほか、
メロン、ナシ、ナス、カボチャ、サクランボなどがあり、
農家は養蜂業者などから購入したり借り入れています。

農水省によると、ミツバチ不足は昨年秋ごろから言われ始め、
購入代やレンタル代が約5割も上昇した地域もあり、
ミツバチがいなければ受粉作業を手作業でやることになり、
10アールあたりの生産コストが約2,000~10,000円も上昇します。

不足の原因としては、
 (1) 豪州からの女王バチの輸入停止措置
 (2) 農薬
 (3) ダニ
の3つの影響が指摘されています。

(1) は平成19年11月から行われており、
現地でミツバチに寄生虫が付く「ノゼマ病」が広がったためで、
(2) は田畑を荒らすカメムシやアブラムシなどの害虫対策のための
農薬がミツバチにも作用したとされ、
(3) は駆除剤の耐性を持ったヘギイタダニがハチに寄生して
成長が阻害されたと見られていますが、
農水省生産流通振興課によれば、
いずれも「原因として断定するまでに至っていない」とのことです。

農水省は女王バチをアルゼンチンから輸入するため交渉を進めていますが、
輸入されたとしても早くて来年1月からになり、
不足が続き出荷量が減れば作物の価格に跳ね返ることが懸念されています。

Yahoo!ニュース:ミツバチ 1000万匹不足 青果受粉用、農家ピンチ
関連記事

コメント
この記事へのコメント

ミツバチ不足で果物の価格高騰!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1212-fd5b7f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミツバチ不足で果物の価格高騰!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「ミツバチ不足で果物の価格高騰!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「ミツバチ不足で果物の価格高騰!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。