なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 日食観察で絶対やってはいけないこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 日食観察で絶対やってはいけないこと

7月22日(水)に観察できる「皆既日食」の日が迫ってきました。

「皆既日食」を観測できるのは奄美大島など限られた地域になるものの、
“部分日食”であれば日本国内でも十分楽しむことができます。

しかし、正しい方法で観察しなければ、【失明の危険性】があるとして、
国立天文台が「やってはいけないこと」(上記画像)を示しています。

国立天文台:日食を観察する方法

太陽は非常に明るく、光や熱が強いため、誤った方法で日食を観察すると
網膜が焼けてしまう可能性があり、肉眼のほかサングラス、ゴーグル、
黒い下敷き、すすをつけたガラス板を利用することも危険とされています。

直接日食を観察するためには、専用の日食グラスや遮光板を使い、
長時間連続しての観察を行わないようにと呼びかけています。

Amazon.co.jp 日食グラス SUN CATCHER-X

なお、安全な観察方法としてが、ピンホールカメラの原理を使って
小さな穴から通った太陽の光が欠けた太陽の形になっているのを見る方法、
大きな箱を使って投影した太陽の光を見る方法、
木漏れ日や手鏡を使う方法が紹介されていますので、御覧ください。

正しい観察方法をマスターして、超神秘的な日食を楽しみましょう♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント

日食観察で絶対やってはいけないこと

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1283-4d84d63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日食観察で絶対やってはいけないこと

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「日食観察で絶対やってはいけないこと
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「日食観察で絶対やってはいけないこと 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。