なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 日食の概要
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ最近注目の用語> 日食の概要

7月22日(水)に観察できる「皆既日食」ですが、皆既日食になると、
太陽の周りにはコロナが広がって見られ、また、太陽表面から吹き出ている
赤いプロミネンスなども観察することができます。

日食の程度ごとに違いますが、空は夕方・明け方の薄明中のように暗くなり、
明るい星ならば見ることができるようなります。

なお、地平線近くは、夕焼け(朝焼け)のように空が赤く染まって見られます。

日本の陸地に限定すると、皆既日食が観察できるのは昭和38年7月21日(日)
の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりのことで、
次回も平成47年9月2日(日)の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで
26年間起こらないという、非常に珍しい現象になります。

【日食が起こる仕組み】
日食が起こるしくみの図
(こちらから拡大画像を御覧になれます。)

ちなみに、私は子どもの頃、「かいきにっしょく」という響きと、
昼間でも暗くなる現象から、「怪奇日食」と思っていました。

こんな間違いすること、絶対“ある”と思います!!

過去の記事:日食観察で絶対やってはいけないこと
関連記事

コメント
この記事へのコメント

日食の概要

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1290-fe5ba97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日食の概要

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「日食の概要
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「日食の概要 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。