なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページTVドラマ お笑い 癒し> 煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。
親しい人がお亡くなりになったら、お通夜やお葬式に出席しますが、
日本の仏教における法事はこのほかにも色々あります。

初七日である死後7日目は法事を行う日とされていますし、
四十九日にも重要な法要を行うこととされています。

煩悩はなぜ百八つなのか???など、仏教には数字にまつわる事柄が多く、
これには何らかの意味が隠されているようにも思われます。

冥途の旅はなぜ四十九日なのか』の著書でもある、
早稲田大学高等学院の柳谷先生は以下のように説明されています。

「そもそも仏教には、数学的発想が色濃くあります。
 とくに自然数の2乗の数をよく使う。
 宗教的な意味合いもあるとは思いますが、
 自然数の2乗は正方形をイメージさせる安定した数字なんですね。
 四十九日も7の2乗です。
 諸説ありますが、死んだ人は7日ごとに審判を受け、
 49日後に行く先が決まります。
 たとえば、地獄に行くとかもう一度娑婆に生まれ変わるとかですね」(同)

7日毎ということに、隠された秘密があるのでしょうか?

「中国の占星術に、白道二十八宿という言葉があります。
 白道は、月が通る道という意味ですが、
 白道に沿って28個の星座があると考えられた。
 28というのは月の周期に非常に近い数字です。
 それを東西南北の4つにわけて、7個の組みにした。
 この影響もあると思います。
 それに偶数は、ふたつに割れる数字ということで縁起が悪い。
 7は奇数であり素数でもある。
 一周忌、三回忌などの年忌法要も
 奇数になっているところが多いですよね」(同)

ところが、仏教では偶数を使うこともあり、煩悩の数も偶数です。

「奇数だけの計算は不便なので、合理性も取り入れたんですね。
 煩悩は、6(感覚器官)×3(感じ方)×2(程度)×
 3(現在・過去・未来)=108…と掛け算した数ですが、
 これは素因数分解の発想に近い。後づけもあると思いますが、
 仏教は数学的イマジネーションが豊かなんです」(同)

ちなみに、柳谷先生の解釈では、
西方浄土までの距離は10の19乗光年になるそうで、
宇宙の果ての果てに存在しているのかもしれないですね♪

Yahoo!ニュース:仏教にまつわる数字を数学的に分解したら…
関連記事

コメント
この記事へのコメント

煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1291-80d1e4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「煩悩が百八つの謎・・・仏教の数字。 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。