なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ
CDの売上が伸び悩む中、音楽コンサート市場は好評のようです。

音楽業界の平成20年のソフトの市場規模が前年比約92%の約3,617億円に
とどまったことに対し、同年のコンサートの市場規模が前年比3.9%増である
約1,503億円となっているようです。

これは、日本に限った話ではなく、音楽業界は世界的にコンサートビジネスへ
とシフトし、有力なアーティストほどコンサートで稼ぐ傾向があるようです。

例えば、米国歌手のマドンナの場合は、先月終了した世界ツアーにおいて
計32箇国で350万人のファンを動員し、4億800万ドル(約375億9,700万円)の
収益を上げている一方で、CD販売としてはヒット作でも世界で500万枚程度と
見られており、インターネット等の音楽配信分を考慮に入れても、コンサートに
おける収益には遠く及ばないことになります。

もっとも、日本と欧米では大きく異なる点があり、それは出演者料の額です。

マドンナ、プリンス、U2などの大物アーティストがコンサートのたびに莫大な
対価を得るのに対し、日本のアーティストの額は相対的に低く抑えられており、
いまだに「CDのプロモーション」名目のコンサート活動から抜け出せていない
というのが実情らしいです。

日本でもアーティストの出演料にもう少し配慮がなされるようになれば、
より多くのコンサートが開催されることになるのかもしれないですね♪

ネタりか:CD文化からコンサート文化へ Jポップは「聴く」よりも「観る」時代
関連記事

コメント
この記事へのコメント

音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1355-df4b095a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「音楽は「聴く」よりも「観る」時代へ 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。