なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ健康 美容 ダイエット> 「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法
身体の表面をおおう皮膚は、普段の生活の中で様々な物質と接していますが、
それらの中には私たちの身体に害を及ぼすものもあり、そうした物質に触れる
ことにより生じる「かぶれ」、「アレルギー反応」等の肌トラブルを「接触皮膚炎」
と呼びます。

この接触皮膚炎は次の2種類に大きく分類されます。

1.刺激性接触皮膚炎
  刺激性のある物質に触れることで起こる皮膚炎のことで、原因となる物質
 に触れた後、接触した部位と一致して発赤やヒリヒリした痛み、かゆみを生じ、
 その多くは、あまり時間をおかずに発症します。接触した物質の毒性が強い
 ほど症状もひどくなり、ときには熱傷のように大きな水疱ができたりもします。

2.アレルギー性接触皮膚炎
  特定の物質にアレルギーを持つ人だけに起こる皮膚炎のことで、これは、
 肌に一度触れた物質に対する身体の免疫システムが示す反応であり、一度
 特定の物質に反応を起こすよう身体が覚えると、次にその物質に触れたとき
 に皮膚炎などの症状を起こすこととなり、原因となる物質に触れてから1~2
 日後に発赤、湿疹、腫れ等の症状のピークが現れるほか、強い「かゆみ」が
 伴うとともに、接触した部位を超えて炎症が広がるのが特徴です。

このような「かぶれ」・「アレルギー」反応をくい止めるには、「原因となる物質を
探して予防する」ことが大切であり、刺激性接触皮膚炎の場合は、原因となる
物質に触れることがあらかじめ分かっている状況では、それらの物質から肌を
保護する工夫が必要となります。つまり、「接触」と名が付くように原因物質に
触れないよう環境を整え、直接触れることを避ければ、症状が引き起こされる
ことはないとのことです。

また、肌表面には角質に含まれる水分及び皮脂で構成された保護膜があり、
この保護膜がしっかり機能していれば、外からの刺激に対しても抵抗すること
ができますが、乾燥していたり、傷があったりすると原因物質に敏感に反応し、
接触皮膚炎を引き起こしやすくなりますので、お肌のバリア機能を正常に保つ
ことも、かぶれ又はアレルギー反応を起こしにくくする手段の一つと言えます。

All About:「かぶれ」や「アレルギー反応」はなぜ起きる?
関連記事

コメント
この記事へのコメント

「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1483-15102311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「「かぶれ」・「アレルギー反応」をくい止める方法 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。