なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

トップページスポンサー広告> 遂に成功したウナギの完全養殖☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 遂に成功したウナギの完全養殖☆
水産総合研究センター(横浜市)は、人工授精で生まれたニホンウナギに卵を
産ませ、孵化(ふか)した幼生を育てる「完全養殖」に世界で初めて成功したと
のことです。これまでは、天然の稚魚(シラスウナギ)からの養殖に頼っていま
したが、これにより、安定供給への道が開かれることになりそうです。


同センターは平成14年に、人工授精の卵から稚魚まで育てることに成功して
います。今回、稚魚を全長45~70センチ程度まで成長させ、約50匹にホルモン
を繰り返し投与し成熟させて人工授精し、1匹が3月26日に約25万粒の受精卵
を産みました。このうち7割以上が孵化し、4月2日からエサを食べ出し、8日の
時点では、約10万匹が生存しています。

養殖では成魚のほとんどがオスになってしまいますが、稚魚の段階で個体に
ホルモンを投与することによりメス化することにも成功しています。孵化直後の
幼生の死亡率が高いとされていましたが、エサを工夫するなどして成長させた
とのことです。

ニホンウナギは、「かば焼き」等で人気ですが、生態は謎に包まれているため、
養殖は河口付近で稚魚を取り、育てるしかありませんでした。しかし、稚魚の
採取量は50年前の20分の1程度になっているため、乱獲が懸念されています。

同センターは、平成20年、太平洋マリアナ諸島沖で天然の親魚や幼生の採取
に成功しています。現在、幼生に最適なエサが分かっておらず、成魚まで成長
させるのに天然ものの倍以上の年月がかかるとされていますが、採取した幼生
の個体に残っていたエサを分析し、量産化を目指すとのことです。

asahi.com:世界初、ウナギ完全養殖に成功 水産総研センター
関連記事

コメント
この記事へのコメント

遂に成功したウナギの完全養殖☆

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1577-b3d972d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遂に成功したウナギの完全養殖☆

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「遂に成功したウナギの完全養殖☆
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「遂に成功したウナギの完全養殖☆ 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。