なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> “ぜんそく薬”服用の不十分な認識
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ健康 美容 ダイエット> “ぜんそく薬”服用の不十分な認識
ぜんそく治療の吸入ステロイド薬を正しく服用している患者は約半数にとどまる
ことが、帝京大及びアストラゼネカ社の実態調査により判明しました。
この調査により、病態に対する認識不足が浮かび上がりました。

この調査は、昨年7月から10月にかけ、ぜんそく治療に従事する全国の医師と
その患者を対象に実施されました。医師のうち日本アレルギー学会、日本呼吸
器学会の会員はともに1割台で、専門医でない人が大半でした。

患者の吸入ステロイド薬の服薬状況は、「順守」47.0%、「まれに」又は「時々」
忘れる人が44.7%、「あまり守っていない」が8.3%というような結果でした。

症状がよくコントロールできているのは約半数であり、服薬を守っていない人
又は時々忘れる人では、コントロール不十分の割合が高かったそうです。

服薬順守できない理由は「発作が始まったら吸入すればよいと思った」が50.3
%で最多で、次いで「毎日服薬するのが面倒」(40.1%)でした。

ぜんそくの病態について「気管支が狭くなる」は、医師及び患者とも8割以上が
正しく認識していましたが、「気道の炎症が原因」は医師90.1%、患者44.3%、
「気道が過敏になるのが原因」は医師75.2%、患者44.1%と理解にギャップが
ありました。病態の説明に関しても、医師は98.2%が「説明している」と答えた
のに対し、「説明してくれた」と答えた患者は75.5%にとどまりました。

時事ドットコム:ぜんそく薬「きちんと服用」半数=理解不十分、認識にギャップも
関連記事

コメント
この記事へのコメント

“ぜんそく薬”服用の不十分な認識

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1594-7620a055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

“ぜんそく薬”服用の不十分な認識

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「“ぜんそく薬”服用の不十分な認識
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「“ぜんそく薬”服用の不十分な認識 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。