なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> 経済的理由による治療中止の事実
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 経済的理由による治療中止の事実
患者の経済的な理由による治療の中断又は中止が、この半年間に約4割の
医療機関であったことが、全国保険医団体連合会の調査で判明しました。
特に歯科診療所では半数近くに上ったそうです。

同連合会では5月中旬に、各都道府県の保険医協会に対し調査への協力を
依頼し、6月14日(月)までに回答を得た8協会の計2,829医療機関(病院109、
医科診療所1,577、歯科診療所1,143)に関する中間報告をまとめました。

これによると、38.8%の医療機関において、患者の経済的な理由により治療
を中断又は中止したことが、この半年間にありました。施設別としては、歯科
診療所が47.4%と最も多く、医科診療所33.4%、病院26.6%と続いています。
歯科は、命に直結するわけではないため、医科よりも経済的な影響が強く
出ると見られています。また、痛みが治まると受診しない人も多いようです。

また、この半年間に、医療費負担を理由に患者側から検査、治療又は投薬
を断られたことがある医療機関は42.9%という結果でした。施設別としては、
医科診療所が46.1%、病院が43.1%であり、歯科診療所の38.5%に比べ医科
医療機関で多いものとなりました。医科では、慢性疾患等により継続して受診
している場合、簡単には治療を中断できませんが、1箇月分として処方された
薬を3箇月かけて飲むなどして受診を控えたり、必要な検査を断ったり断る例
は歯科よりも多いと見られています。

こうした結果を受けて、中間報告では「不況下により、患者の受療状況はこと
のほか深刻であった。改善のためには、窓口負担の大幅な軽減などが必要」
との見解が示されています。

Yahoo!ニュース:経済的理由で治療中止、約4割の医療機関で
関連記事

コメント
この記事へのコメント

経済的理由による治療中止の事実

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1644-4791782d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

経済的理由による治療中止の事実

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「経済的理由による治療中止の事実
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「経済的理由による治療中止の事実 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。