なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

トップページスポンサー広告> 思い返すと腹の立つことを回避するコツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ簿記試験解答の極意> 思い返すと腹の立つことを回避するコツ
そのときは何とも思わなかったのに後から無性に腹が立ったこと、あのときに
なぜ言い返さなかったのかを後から悔やんだこと等の経験はありませんか?

あなたに限らず、人間なら誰しも一度はこのような経験があると思います。

このように、なぜ「後になってから」怒りがわいてくるのでしょうか?

専門家によると、人の記憶の仕方には、「事実のリンク」と「感情のリンク」とが
あるそうです。
事実のリンクとは、『ミスして部長に怒られた』 ⇒ 『ミスと言えば、取引先でも
失敗したな』といった具合に、事実と事実とをリンクさせて記憶する方法であり、
そしてその事実一つひとつに『悔しい』、『嬉しい』等の感情が付加されます。
次に、感情のリンクとは、『悔しい…何でかな?』 ⇒ 『あぁ、昨日部長に怒られ
たんだ』 ⇒ 『悔しいと言えば、この間も彼氏に太いって言われたなぁ』といった
具合に、感情を軸にして事実を記憶する方法であり、いわゆる『思い出し怒り』
をよくする人は、感情のリンクが主となって記憶をするタイプと見られています。

そもそもなぜ、「後になってから」の方が、怒りが増すものなのでしょうか?

「感情のリンクで記憶している場合、『嫌なことがあった』 ⇒ 『嫌な気分になる』
⇒ 『過去の嫌な気分になった出来事をどんどん思い出す』というような悪循環
に陥りやすく、後になるほど“雪だるま式”に怒りは大きくなり、そのキッカケと
なった相手にすべての苛立ちをぶつけることになるようです。ちなみに、女性の
方が男性よりも感情のリンクで記憶する傾向が多く見られます。

では、そのような気持ちにならないようにするためのコツは?

その場に合わせた言葉を思いつく必要はなく、いつ口論になってもいいように、
前もって「ごめん、あなたが何を言いたいのか分からない」、「冷静になったら
また話そう?」などの『自分が優位に立ちつつそれ以上の追及を防ぐ言い方』
をいくつか用意しておくことです。

つまり、後になってから腹が立つことが多い人は、自分がまだ冷静でいられる
ときに使える「とっておきの言い方」を用意しておくといいということですね♪

Excite Bit:「後になってから腹が立ってくる」人たち
関連記事

コメント
この記事へのコメント

思い返すと腹の立つことを回避するコツ

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1649-0e044c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思い返すと腹の立つことを回避するコツ

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「思い返すと腹の立つことを回避するコツ
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「思い返すと腹の立つことを回避するコツ 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。