なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

トップページスポンサー広告> B5サイズ封筒が現役な理由とは!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> B5サイズ封筒が現役な理由とは!?
「長形4号」封筒は“B5基準”とされています。書類は、現在A4サイズが主流
なのに、なぜ封筒はB5規格のものが多いのでしょうか?

日本で使われる紙のサイズは、大きく分けてA判とB判の2つのサイズがあり、
A判は国際規格になりますが、B判は日本独特のもので、国内だけで通用する
サイズであるとのことです。

政府は、長い間公文書にはB判使用を原則としてきましたが、平成4年11月の
「各省庁事務連絡会議の申合せ(「行政文書の用紙規格のA判化に係る実施
方針について」)に基づき、平成5年4月から行政文書のA判化を推進し、平成
9年には行政文書の100%がA判化されました。

B判サイズの中で比較的現在でも多く使われているサイズが「長形4号」(B5
の三つ折りが入る封筒)になり、特にB5サイズの個人向けの手紙、履歴書等
を入れる封筒としていまだに広く流通しています。その理由としては、長形4号
(「長4」)封筒を作る製袋機が今でも国内で多く使用されていることも挙げられ
ます。

しかし、実際には、会社及び家庭でも一番利用する用紙がA4サイズとなって
いる現状、A4の用紙を三つ折りにして入るサイズ(長形3号)又はA4用紙を
そのままを折らずに入れることができるサイズ(角形2号)の封筒が、日本では
最も流通しているサイズとのことです。

Excite Bit:用紙はA4が主流なのに、B5の封筒が多い理由
関連記事

コメント
この記事へのコメント

B5サイズ封筒が現役な理由とは!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1677-cec99edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

B5サイズ封筒が現役な理由とは!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「B5サイズ封筒が現役な理由とは!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「B5サイズ封筒が現役な理由とは!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。