なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 部下をつぶす質問とは!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ速読 速聴 スキルアップ> 部下をつぶす質問とは!?
日々の業務を行う上で、部下に対する質問は欠かせないものですが、部下に
とっては「やれやれ」、「またか」、「はいはい」等の上司との距離感が生じたり、
モチベーションが下がったりする場面も多く見られるものです。

そこで今回は、日常の部下に対する質問について、御紹介します。

「今月は、訪問件数が足りないんじゃないか?」、「なぜ、時間どおりに会議が
始められなかったんだ?」などの質問を上司が部下に投げかけている場面を
よく見かけます。果たして、部下を伸ばす効果的な質問とは、どんな質問なの
でしょうか

そもそも、質問には種類があります。

1.特定(クローズド)質問
  答えが特定される質問です。例えば、
  Q「日本の首都はどこですか?」
  A「東京です」と決まりきっています。

2.拡大(オープン)質問
  答えが様々になることから、答える人の考えを引き出せます。例えば、
  Q「日本でお勧めの街は?」
  A「京都」、「沖縄」、「北海道の富良野」、「横浜みなとみらい」など。

3.過去質問
  過去(経過)を聞きます。過去(経過)を確認したい場合には有効な質問に
  なりますが、解決策にはつながらない場合があります。例えば、
  Q「今日はどんなクロージングをしましたか?」
  A「見積もりを提示しました」

4.未来質問
  これからすることを聞きます。未来のことを聞くので、相手はこれからする
  ことを考えたり、その効果を確認したりする機会になります。例えば、
  Q「今日はどんなクロージングをしますか?」
  A「見積もりを提示するつもりです」

5.否定質問
  否定的な質問であり、時には相手を必要以上に非難したり卑下したりする
  表現となります。その回答は、言いわけ・開き直りになることもあります。
  例えば、
  Q「なぜちゃんと報告しないのですか?」
  A「忙しいのでいちいち報告できません」

6.肯定質問
  肯定的な質問であり、相手を認め、期待している表現となります。答えは
  相手に何をするべきかを動機付けることになります。例えば、
  Q「どうしたらちゃんと報告ができますか?」
  A「課長からも声をかけをお願いします」、「毎日夕方5分、報告の時間が
   ほしいです」、「報告することはメモにしておくようにします」など。

過去又は否定質問を行っているような場合には、改善する必要があります。

冒頭の「今月は、訪問件数が足りないんじゃないか?」、「なぜ、時間どおりに
会議が始められなかったんだ?」といった質問については、「今月の訪問件数
を増やすには、どうしたらいいですか?」、「時間通りに会議を始めるためには、
どうしたらいいですか?」というように改善してみましょう。

Business Media 誠:意外と耳にする!? これが部下をつぶす質問だ
関連記事

コメント
この記事へのコメント

部下をつぶす質問とは!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1690-13fcab70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

部下をつぶす質問とは!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「部下をつぶす質問とは!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「部下をつぶす質問とは!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。