なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> 「天才ラット」誕生
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 「天才ラット」誕生
賢いラットを実験で選出し、95世代かけ合わせ、「天才ラット」が誕生しました。
東海大学が30年がかりで育てたものであり、普通のラットは学習能力の実験
で360回中、多い時は8割以上失敗しますが、「天才」はほぼノーミスです。

「天才」は、30秒毎にレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験により、
学習能力の高かった個体同士を繰り返し交配してつくられました。この「賢さ」
が安定するまで約20年かかったとのことです。

普通のラットは毎日30分、レバーの押し方を教えても、360回のうち100~300
回は失敗しますが、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほどです。

水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験等においても、一貫して好成績を
出しています。

この「天才」を使用することにより、化学物質の影響が効率的に調べられると
期待されています。化学物質を与え失敗が増えれば、学習能力に影響がある
と判定できるからです。普通のラットは、1匹毎に知能の差が大きく、数十~数
百匹の単位で実験しないと影響が分かりません。一方、「天才」は、学習能力
に悪影響があれば、失敗がはっきりと増えことから、少ない数で影響が分かる
ということになります。

また、子どももほぼ例外なく、「天才」であることから、妊娠中の親に化学物質
を与え、生まれた子どもの能力を調べれば、胎児への影響も調べられるという
ことになります。シックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒドを親が取り
込むと、子どもは成長してから学習能力及び平衡感覚が落ちることが実験に
より分かったとのことです。

asahi.com:ほぼノーミス「天才ラット」誕生 東海大、30年かけ
関連記事

コメント
この記事へのコメント

「天才ラット」誕生

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1693-925e4830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「天才ラット」誕生

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「「天才ラット」誕生
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「「天才ラット」誕生 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。