なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ簿記試験解答の極意> 損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再)
損益分岐点分析(CVP分析)も重要なものになりますので、
今回は、その解法のテクニックを記事にすることにします。

まずは、基本的な語句の説明から、
 変動費「売上高に比例して発生する費用」
 固定費「売上高と関係なく一定額が発生する費用」
 損益分岐点「変動費と固定費を回収できる売上高」
  →売上高=変動費+固定費

損益分岐点

覚え方ですが、私的にはxy関数が中学からのお付き合いですので、
横軸の売上高をx、縦軸の売上高費用をy、
変動比率をα、固定費をβとすると、

 y=αx+β…①  という数式が成り立ちます。

損益分岐点を求める際に用いる売上高線は、

 y=x…②  という数式になっているため、

損益分岐点では、①と②より単純に

 αx+β=x
    ↓
 (1-α)x=β
    ↓
 x=β÷(1-α)   となります。

文字で書くと に見えますが、数字を代入すれば簡単に解答できます。

私のテキストでは、売上高はという普段目にしないものによる説明のため、
逆にって何の略よぉ… という状態でした…

期末テストで嫌でもお目にかかったxyが断然覚えやすいですよね

次回は例題です。xy関数を用いて、
損益分岐点の売上高、安全率、来期の目標売上高を求めてみましょう。

分からないことがありましたら、コメント欄に記入してください♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント

損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再)

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
Sですが・・・
S、確かに分かりにくい表記ですよね!?
これは、実はSales(売上)の略だと思います。
勘定科目を英語の略称で表記することがたまにあります。
2010/10/03(日) 00:49 | URL | ねおき #-[ 編集]
ねおきさんへ
コメントありがとうございます♪
確かにSales(売上)は「S」が頭文字ですね。
専門用語に慣れてくると違和感がなくなると思いますが、
誰でも最初のうちはちょっとしたことでも戸惑いますよね。。。(>_<)
また御指摘等がございましたら、よろしくお願いします☆
2010/10/03(日) 22:11 | URL | 【管理人】ミヒロ #wY4ZhnjE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1737-6862da4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再)

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再)
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「損益分岐点分析(CVP分析)(I)【第116回以降】(再) 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。