なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

トップページスポンサー広告> 占いの正しい読み方とは?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 占いの正しい読み方とは?
“今日の占いカウントダウン”等の占いの結果に、朝から一喜一憂している方
も多いのではないかと思われます。

そこで今回は、“占い”において「悪い結果」が出た場合の心構えにについて、
御紹介させていただきます。

古来より、星占いは王様、権力者等が重用してきましたが、彼らにとって政変、
異常気象等の「変化」は大変不吉なものでした。例えば、親が決定した許婚と
結婚することが当然とされた時代においては、突然誰かを好きになる、つまり
「ひと目惚れ」するというような変化は、「よくないこと」とみなされます。そうした
価値観の世界においては、「変化」=「悪」ということになります。

これを踏まえると、星占いにおける「良い結果」は物事がスムーズに進むこと
であり、「悪い結果」は何かしらの変化が生じることであるとの見方もできます。

したがって、星占いにおいて「悪い結果」が出た場合であっても、必ずしも落ち
込む必要はありません。現代では、どちらかと言えば何かにしがみ付くことの
方が「よくない」とされる傾向にあるため、変化を受け入れられ、又は自分から
変化を仕掛けていく力はむしろ、“強み”ということにもなります。

悩み及び不安は自分自身の力で解決できてこそ、自分に自信を持てることに
つながります。しかし、私自身ももちろんそうなのですが、人間は弱さを抱えた
生き物であるため、不安な気持ちに負けてしまうこともあります。占いは、不安
又は悲しみで途方に暮れるとき、コッソリと頼るお酒のようなものなのであり、
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という気持ちで、「いいことだけ信じよう!」と、
自分にとって都合よく考えるのが、ちょうどいい楽しみ方かもしれないですね♪

エキサイトニュース:人気占い師・石井ゆかりさんに聞く、占いの正しい読み方って?
関連記事

コメント
この記事へのコメント

占いの正しい読み方とは?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1833-52f0a4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

占いの正しい読み方とは?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「占いの正しい読み方とは?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「占いの正しい読み方とは? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。