なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2)
データを分析することにより解決策が見えてくる例は他にもあります。その一つは、CO2排出量の削減です。

先の国連気候変動サミットにおいて、日本は「2020年までにCO2排出量を1990年比で25%削減する」と約束しました。これに対し、「産業界の手を縛るものだ」という激しい非難も寄せられ、25%削減はとても無理だというムードが漂っています。

しかし、この問題についても多くの人が表面的な情報に流されてしまっていると言わざるをえません。

まず、CO2削減のためにはエネルギー消費を抑える必要があります。エネルギーが消費される場面は、大きく3つに分けられます。

1つは「エネルギー転換(その多くは発電)」であり、もう1つが「ものづくり」、最後が「日々のくらし」です。さらに言えば、発電で生じたエネルギーは後の2者のどちらかに配分されます。

そう考えると、日本の場合、ものづくりに45%、日々のくらしに55%のエネルギーを消費していることになり、どこのエネルギーを減らすべきかは明確と言えます。それは、全体の半分以上を占める「日々のくらし」分野です。

というのも、日本のものづくりではすでに相当エネルギー効率がよくなっているからです。

関連記事

コメント
この記事へのコメント

CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2)

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1867-6707e085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2)

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2)
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その2) 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。