なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

トップページスポンサー広告> CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5)
一般家庭において家電を買い替え、断熱をよくし、効率の高い給湯システムを導入すれば、CO2が削減できるだけではなく、実は新たな市場が生み出されます。

給湯システムを例にとると、エコキュート及びエネファームの双方とも日本では量産体制に入っていますが、これほど効率の高い給湯システムを2つも持っている国はほかにありません。

つまり、日本が世界の市場を取りにいけるということです。日本発の巨大な新市場が生まれる可能性があるということになります。エコキュートの価格は1台約50万円を切るものもあり、エネファームは国の補助金付きで約300万円です。新型給湯器市場一つをとっても、世界全体で50兆円くらいの規模があると推測されています。

20世紀初頭、アメリカのフォードがT型フォードを発売し、世界中に車という新商品を普及させたように、21世紀グリーン・イノベーションの成果である省エネ商品により、日本企業が世界を席巻する番と言えるでしょう。

【エネファーム】
関連記事

コメント
この記事へのコメント

CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5)

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1870-94f861ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5)

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5)
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「CO2排出量25%削減→エネルギー効率の改善(その5) 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。