なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> バーコード要らずの「物体認識システム」とは!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ最近注目の用語> バーコード要らずの「物体認識システム」とは!?
スーパーのレジでは、バーコードを読み取る機械により支払額を自動計算して
いますが、野菜等のバーコードシールが貼られていない商品も多く、店員が他
のスタッフに値段を尋ねるケースもあります。そのような場面もこの新しい認識
システムにより、めっきり少なくなるかもしれません。

これを可能にするのが、東芝が開発している「追加学習可能な高精度物体認識
システム」です。


例えば、カメラを搭載したレジに応用すれば、購入物をカメラにかざすだけで、
商品を瞬時に、しかも正確に特定し、金額を割り出します。

この物体認識システムでは、大きさや形状、色、つや、模様等から物体を特定
します。野菜、果物等の場合、何と品種まで正確に見分けられ、現在、野菜類
等の30品目以上について、90%以上の確率で識別可能であるとのことです。

また、学習機能が備わっていることから、誤認識又は新規登録時には、物体を
カメラにかざし、システムの精度を向上させることもできます。認識物を手軽に
学習させられ、使えば使うほど精度が上がる点がポイントであるようです。

このシステムを搭載するレジは、2~3年後の実用化が目標とされており、レジ
の無人化も本格普及することになりそうです。

なお、システムが一度記憶した物体は、全体像からだけではなく、一部の情報
からでも識別が可能となるため、人物についても、顔が見えない時であっても
洋服のスタイル、デザイン等から、特定が可能となります。つまり、防犯カメラ
に応用することにより、怪しい行動をする人物をその場で瞬時に記憶し、その後
の行動をチェックすることも可能となると見られています。

DIME TREND FRONTIER:
 スーパーのレジが変わる!東芝が開発した「物体認識システム」とは?
関連記事

コメント
この記事へのコメント

バーコード要らずの「物体認識システム」とは!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1889-b22629d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バーコード要らずの「物体認識システム」とは!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「バーコード要らずの「物体認識システム」とは!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「バーコード要らずの「物体認識システム」とは!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。