なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

トップページスポンサー広告> 勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ速読 速聴 スキルアップ> 勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み
細胞はその機能に必要な様々な物質を、微小管のレールの上を走る分子
モーターを使用した物質輸送メカニズムによって、細胞の隅々にまで運び
ます。NMDA受容体は、グルタミン酸に結合して働く受容体であり、動物の
記憶及び学習に深く関わりを持つことが知られていますが、NMDA受容体
の輸送が脳及び神経の機能にどのような意味を持つのか、ほとんど不明
のままでした。

東京大学の研究チームは、キネシンスーパーファミリータンパク質「KIF17」
分子モーターがNMDA受容体の輸送を行うのみならず、その量を調節して
いることを発見しました。

同受容体にはいくつかの種類(サブユニット)があり、KIF17を欠いたマウス
の神経細胞を調べると、サブユニット2A及びサブユニット2Bの量が減り、
その結果、マウスの学習能力が著しく低下しました。

さらに詳しく調べてみると、サブユニット2Aが壊れやすくなっていること及び
サブユニット2Bの生成量が減っていることが判明しました。ただし、神経の
働きが盛んになるとKIF17及びNMDA受容体の量がともに増えます。

この発見で重要なことは、KIF17が単にNR2Bを輸送しているだけではなく、
NR2B及びKIF17自身の遺伝子mRNAの転写をコントロールしていることが
解明されたことにあり、このことで、勉強すればするほど頭が良くなるという
説の根拠が解明されたこととなります。

なお、同研究チームは、上記のようなKIF分子モーターによる脳/神経機能
の調整機構は、将来、神経疾患の治療法への新しいアプローチとなること
が期待されると説明しています。

マイコミジャーナル:
勉強するほど頭は良くなる
- 東大ら、分子モーターの脳/神経調整機構を解明
関連記事

コメント
この記事へのコメント

勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1981-31dd98ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「勉強するほど頭が良くなる脳の仕組み 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。