なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> 35歳転職限界説!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ速読 速聴 スキルアップ> 35歳転職限界説!?
就職サイト等では、「35歳転職限界説」という文字を必ず目にすると思います。
35歳を過ぎると転職が難しくなる、この年齢がボーダーラインであるとの意味
ですが、果たして35歳を過ぎてからの転職はハードルが高いのでしょうか?

企業によって、欲する戦力像は異なりますが、おおむね年齢だけを判断基準
にすると以下の通りとなるようです(300人程度の企業の場合の例)。

○20代前半――第二新卒(ポテンシャル採用)。

○20代後半――社会人としての基礎知識をマスターし仕事を任せられる。

○30代前半――部門、プロジェクトの小集団のリーダー候補程度。

○30代後半――リーディングマネジメント層(部下のとりまとめ、組織固め)。

○40代――マネジメント層(部長等)組織を確立し、経営観念も多少ある。

○50代――リーディングマネジメント層(上級部長・本部長)、役員候補。

上記を踏まえると、35歳に転職限界のボーダーラインがあるというのではなく、
35歳以上になると求められる人物像が「仕事ができる」のみならず、組織固め
ができる人物像に変化してくるため、ただ、「仕事ができるだけでは」、35歳が
限界である、という意味に捉えられるようです。

また、業界又は職務を変更しようとする場合、未経験人材となることから、35歳
というラインに対し、企業側の「35歳にもなってわざわざ教えなければならない
人材をとりたくない」という意思が込められているのかもしれません。

現実問題として、年齢も一つの要素でありますが、就職職先においてて自分が
できることは何があるのか、これまでマネジメントをどれほど経験しているのか
というようなことを考慮し、対応する必要があるでしょう。

livedoorニュース:35歳を過ぎると転職できないって本当?
関連記事

コメント
この記事へのコメント

35歳転職限界説!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/1988-41c4d187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

35歳転職限界説!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「35歳転職限界説!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「35歳転職限界説!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。