なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> がん条例のススメ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ健康 美容 ダイエット> がん条例のススメ
全国でがん条例制定の動きが広がっています。先進県の条例を踏まえつつ、
「良いがん条例」の条件を、リンク先から御紹介します。

【第1の条件】
先行県の条例を参考にし、幅広い施策を盛り込んでいること。実際、平成11年
以降に条例を制定した県では、多岐にわたるがん施策を条文に入れる傾向が
見られ、条文数も増えています。

【第2の条件】
創意工夫により、これまでにない条項を加えること。例えば、愛媛県又は徳島
県のがん条例では、医療機関の連携による在宅医療の推進を定めた条項が
盛り込まれました。奈良県では、「奈良県がんと向き合う日」を定め、県全体で
がん対策に取り組むという新しい条項があります。

【第3の条件】
「地域のニーズと特性に対応できている」こと。血液がんが多いとされる長崎県
の「血液がんに対する治療法である骨髄バンク事業への支援」条項のように、
地域に多いがん種への対策を盛り込んでいる例が挙げられます。

【第4の条件】
条例制定後の実行性を担保する工夫をすること。愛媛県は、各施策の見直し
を条項に入れたり、「PDCA(計画→実行→評価→改善)サイクルの導入」を
明記する等、がん施策を向上させ続ける仕組みを条例に組み込んでいます。

【第5の条件】
条例の立案時に「良いプロセス」を意識していること。愛媛県、沖縄県等では、
当初の段階から「六位一体」により様々な当事者を巻き込み、条例制定後に
ともにがん対策を推進し続けられるようにしています。

がん条例は、地域のがん対策を向上させるための手段であるとともに通過点
に過ぎず、それ自体が目的ではありません。がん条例制定後において、県民
を始めとする関係者が一丸となってがん対策に取り組むためには、制定後を
見据えた「県民総ぐるみのがん条例の策定プロセス」が必要と言えます。

がんナビ:全国に広がるがん条例制定の動き(下)
関連記事

コメント
この記事へのコメント

がん条例のススメ

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2018-06204334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

がん条例のススメ

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「がん条例のススメ
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「がん条例のススメ 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。