なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> スイスでは複数就業者の割合が多い!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> スイスでは複数就業者の割合が多い!?
スイスでは、被雇用者の100人に7人の割合で複数の仕事に従事していると
のことです。この数字は、欧州連合(EU)圏内の平均値の約2倍になります。
複数就業者の割合が高いのは、社会活動も仕事として数えられていることが
理由の一つです。連邦統計局によると、2009年に2つ以上の仕事に従事して
いたスイス人の割合は全就労者の7.4%に当たり、その数は31万5,000人にも
上ります。

スイスにおいて2つ以上の「手に職を持つ人」の割合が高い理由として、余暇
の時間に本業とは別の任務(地域協議会又は市町村議会の政治活動等)を
引き受けることが多く、これらの活動が調査の数値にも現れる、と分析されて
います。これらの人の3分の1は、本業を週数日間だけ行っているのではなく、
フルタイム勤務です。男性に関しては、3分の2がフルタイムにて本業に従事
しています。

また、彼らの多くが高い資格を持っているため、いつどの仕事をするかという
時間の配分に柔軟に対応でき、喜んでさらなる任務を引き受けると見られて
います。例えば、医師として診療所で仕事をするほかに、講師といった仕事も
引き受け、複数の分野で活動している人もいるようです。

さらに、複数就業者の多くは、本業と副業を同じ業界内で行っていないことが
統計から読み取れます。例えば、本業において簿記係としてフルタイムで働く
人は、本業と無関係の他の業界又は企業において簿記の仕事をしています。
上記の傾向は、工業、水道・電気、金融、保険、通信等の分野において本業
を営む人たちに顕著に現れているようです。

これに対し、本業と副業とを同一業界で行うケースが多い分野としては、個人
宅において、清掃、料理、子どもの世話等を行う家政サービス業、教育、健康
保険、社会福祉、情報科学、不動産業界等になります。

swissinfo:スイスでは本業と副業など、複数の仕事を抱える人の割合が高い。
関連記事

コメント
この記事へのコメント

スイスでは複数就業者の割合が多い!?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2053-34deaf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイスでは複数就業者の割合が多い!?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「スイスでは複数就業者の割合が多い!?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「スイスでは複数就業者の割合が多い!? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。