なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> 当座預金の修正仕訳【第132回以降】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ簿記試験解答の極意> 当座預金の修正仕訳【第132回以降】
当座預金の仕訳問題でよく問われるパタ-ンを記載しておきます。
検定第1問及び第3問で出題されますので、御留意ください。

<例題>
次の取引について修正仕訳すること。
「資料」
 1.仕入買掛金支払のため、小切手¥50,000を振り出したが、
   まだ相手方に渡していない。
 2.広告宣伝費支払のため、小切手¥30,000を振り出したが、
   まだ相手方に渡していない。

1.(借)当座預金
2.(借)当座預金
50,000
30,000
 (貸)買掛金
 (貸)未払金
50,000
30,000

広告宣伝費 → 未払金 になるということが重要です!!

買掛金(=負債)については、支払が済んでいないことから、
当座預金(=資産)を元に戻すとともに、買掛金(=負債)も元に戻します。

一方、広告宣伝費(=費用)については、
(借)広告宣伝費 30,000 (貸)当座預金 30,000
により、すでに費用化されています。

買掛金に係る金額が、仕入時に
(借)仕入 50,000 (貸)買掛金 50,000
の仕訳により、仕入(=費用)として費用化されているのと同じです。

つまり、当期費用については、
費用に係る金額が実際の支払の有無にかかわらず、
決算時にはすべて計上されているということになるのです。
というのは、
当期収益を算出するために、当期費用が必要になるためです。

その結果、
広告宣伝費に係る金額は、支払が済んでないものということで、
代わりに未払金(=負債)を計上することになります!!

一種のひっかけ問題ですね。

御意見等がある場合には、コメント欄に記入願います♪
関連記事


コメント
この記事へのコメント

当座預金の修正仕訳【第132回以降】

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2163-ceb81549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当座預金の修正仕訳【第132回以降】

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「当座預金の修正仕訳【第132回以降】
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「当座預金の修正仕訳【第132回以降】 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。