なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> 固定資産の減価償却【第132回以降】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ簿記試験解答の極意> 固定資産の減価償却【第132回以降】
検定試験で必須の減価償却について記述します
(細かい説明はテキスト等を参照してください。)

減価償却費の償却方法
1.定額法
 減価償却費=(取得原価-残存価格)÷耐用年数
 ※期中のおける取得・処分には月割計算を行います。
2.定率法
 減価償却費=(取得原価-減価償却累計額)×償却率
 ※期中のおける取得・処分には月割計算を行います。
3.生産高比例法
 減価償却費=(取得原価-残存価格)×(実際使用量÷総利用可能量)

計算方法はベタに暗記するしてもうらしかないですね…

減価償却の直接法間接法との仕訳の違いを理解するようにしてください。

検定試験の問題では間接法が多いのですが、直接法にも気を付けてください。

備品購入額が¥900で、減価償却額が¥100とした場合
決算期をむかえた場合の仕訳は、下記のとおりです。

直接法
 (借)減価償却費 100 (貸)備品 100
 ※備品の帳簿価額を直接的に減額します。
間接法
 (借)減価償却費 100 (貸)減価償却累計額 100
 ※備品の帳簿価額に係る仕訳は行いません。

つまり、備品の帳簿価額が取得時より下がっていれば、
直接法が採用されており、その差額が減価償却費と判断できます

御意見等がある場合には、コメント欄に記入願います♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント

固定資産の減価償却【第132回以降】

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2182-ae0df7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

固定資産の減価償却【第132回以降】

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「固定資産の減価償却【第132回以降】
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「固定資産の減価償却【第132回以降】 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。