なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トップページスポンサー広告> 本支店会計(I)【第132回以降】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ簿記試験解答の極意> 本支店会計(I)【第132回以降】
まずは基本から、本店と支店との取引によって生じる貸借関係について、
本店では支店勘定を用い、支店では本店勘定を用います。

 本店の支店勘定
  (借)支店に対する債権 (貸)支店に対する債務
 支店の本店勘定
  (借)本店に対する債権 (貸)本店に対する債務

 <例>本店は現金¥100を支店に送金し、支店はこれを受け取った。
  本店の仕訳:(借)支 店 100 (貸)現 金 100
  支店の仕訳:(借)現 金 100 (貸)本 店 100

 【ポイント】
 A社がB社に現金¥100を貸し付けた仕訳と同様のイメージになります。
  A社の仕訳:(借)貸付金 100 (貸)現 金 100
  B社の仕訳:(借)現 金 100 (貸)借入金 100
 貸付金勘定が支店勘定、借入金勘定が本店勘定に相当します。

本支店間の商品の送付と受入には、次の二つの方法があります。
 I.仕入原価による方法(原価法)
 II.仕入原価に一定の利益を加算した価格による方法(計算価格法)

I.仕入原価による方法(原価法)
 商品を送付した側も受け入れた側も仕入勘定で処理します。

 <例題1>
  1.本店は、仕入原価¥200の商品を原価で支店に送付し、
    支店はこれを受け取った。
  2.支店は、仕入原価¥500の商品を原価で本店に送付し、
    本店はこれを受け取った。
 <解答1>
  1.本 店:(借)支 店 200 (貸)仕 入 200
    支 店:(借)仕 入 200 (貸)本 店 200
  2.本 店:(借)仕 入 500 (貸)支 店 500
    支 店:(借)本 店 500 (貸)仕 入 500
  ※原価法による処理は、
   商品の 保管場所が
   本店と支店間で 移動するだけ です。


 本店から支店への未達商品は、
  本店の仕入勘定→支店の仕入勘定に振り替えるだけの処理のため、
 当期仕入高にはその分を計上する必要があるのです。
  本店の仕入勘定の減少と支店の仕入勘定の増加で±ゼロです。
 支店への未達商品を計上しなければ、
   本店の仕入勘定の減のみで決算されてしまいます。 「(≧ロ≦) アイヤー
 未達商品であるため、当然、
  繰越商品(外部販売されていない商品:在庫)に加算します。

II.仕入原価に一定の利益を加算した価格による方法(計算価格法)
 仕入原価に一定の利益を加算した額を、本支店間取引とする方法です。
 検定試験では主にこちらが出ますが、原価法も頭に入れておいてください。
 通常の商品売買と同様の処理をしますが、外部取引と区別するため、
 仕入については、本店より仕入勘定または支店より仕入勘定を用い、
 売上については、本店へ売上勘定または支店へ売上勘定を用います。

 <例題2>
  1.本店は、仕入原価¥200の商品を、原価に対し10%の利益を加算した
    価格で支店に送付し、支店はこれを受け取った。
  2.支店は、仕入原価¥500の商品を、原価で対し20%の利益を加算した
    価格で本店に送付し、本店はこれを受け取った。
 <解答2>
  1.本 店:(借)支     店 220 (貸)支店へ売上 220
    支 店:(借)本店より仕入 220 (貸)本    店 220
  2.本 店:(借)支店より仕入 600 (貸)支    店 600
    支 店:(借)本     店 600 (貸)本店へ売上 600
  ※外部取引であれば、売掛金勘定や買掛金勘定を用いることになります。

 本支店間で売上処理を行っていますが、
 売上に伴い、仕入勘定を減少させてはいません!!
 したがって、支店の「本店より仕入勘定」に相当する価格は、
 本店の当期仕入高にすでに計上されているため、
 支店の「本店より仕入勘定分」を本支店財務諸表の作成において、
 当期仕入分に計上する必要はないということになります。
 計上すると、ダブルカウントになってしまいます。
 未達商品であるため、当然、
  繰越商品(外部販売されていない商品:在庫)に加算します。

御意見等がある場合には、コメント欄に記入願います♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント

本支店会計(I)【第132回以降】

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2185-2f40fb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本支店会計(I)【第132回以降】

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「本支店会計(I)【第132回以降】
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「本支店会計(I)【第132回以降】 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。