なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

トップページスポンサー広告> 第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日商簿記解答速報等> 第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問
【第1問】※ブログのレイアウトの関係で表現を少し変更しています。
(出題の意図)
1.火災保険が付された建物が焼失したときの仕訳を問う問題です。
 保険金の支払いが確定するまでは、仮勘定を用いて記帳します。
2.委託販売のために商品を発送したときの仕訳及びその際に荷為替の取組
 をしたときの仕訳を問う問題です。委託先が実際に商品を販売するまでは、
 売上とはならない点に注意してください。
3.建物の建設工事を依頼し、手付金を支払ったときの仕訳を問う問題です。
 工事が完了し、引渡しを受けるまでは、建物勘定とはならない点に注意して
 下さい。
4.株式会社が新株を発行して増資を行なったときの仕訳を問う問題です。
 資本金への組入れにかかわる会社法の規定に注意して仕訳をすることが
 ポイントとなります。
5.別途積立金の取崩しによる損失補填を行ったときの仕訳を問う問題です。
 繰越利益剰余金勘定が借方残高となっている点に注意して下さい。

 いずれも仕訳問題としては、標準的で基本的な問題です。暗記中心の学習
を機械的に行うことは避け、取引の内容とそれを表す仕訳の関係を理解する
ことに重点をおきながら、丁寧な学習を行うように心掛けてください。

(講評)
 2級の商業簿記の仕訳問題としては標準的で基本的な問題であったため、
全体としては正しく解答した答案が多かったように思います。
 ただし、特に「2」については、正しく解答できていなかった答案が比較的目
立ちました。委託販売及び荷為替の取組について、正確な理解が不足して
いる受験者が多かったようです。また、「4」については、増資に伴う株式募集
のための広告費について、正しく仕訳できていなかった答案も比較的多くあり
ました。
 最後に、全体として正解を答えていた答案が多かった中で、ほとんど得点
が取れていない答案も一方で目に付いた点を指摘しておきたいと思います。
基礎的な学習を丁寧に行うことなく、明らかに準備不足の状態のまま、検定
試験に臨んでしまった結果ではないかと推測されます。

商工会議所の検定試験:第131回簿記検定試験問題の出題の意図・講評
関連記事

コメント
この記事へのコメント

第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/2208-8d9649eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「第131回簿記検定試験2級の出題の意図・講評:第1問 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。