なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

トップページスポンサー広告> 子供の反抗心を抑えるテクニック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ日々の出来事・ニュース> 子供の反抗心を抑えるテクニック
SSIニュースレターの奥深さについては、
過去の記事「脳と心のエトセトラ」で紹介しましたが、
そのレターにまた興味深い内容が記載されていましたので、
育児に関連した内容に置き換えて記載いたします。

子供に注意しないといけないことがある場合には、
その注意が子供にとって受け入れがたいものであればあるほど、
子供の反発心を上手に抑えるテクニックが親御さんには必要です。

そのテクニックの一つに「スタッキング」と呼ばれるものがあります。

「スタッキング」というのは、
「○○しながら~~してね。~~しながら**してね。**しながら…」
というように、言葉をドンドンつなげていく方法のことです。

お子さんに注意したときに、ふてくされた態度をとられたら、
次のようにお子さんに話してみてください。

「文句があるのなら、ハッキリ言ってごらん。
 でも、お母さんの目をしっかり見ながら言うんだよ。
 そして、お母さんの目を見ながら、考えてごらん。
 お母さんはあなたが大事だから、この注意をしたんだということをね」

このように言葉をどんどんつないでいくことにより、
子供の感情を怒りや反発心からどんどん引き離すことができ、
冷静な心境へと導いてあげることができるのです。

この「スタッキング」を活用することにより、
子供の否定的な気持ちを積極的なものへと変えることができます。

お子さんが約束を守らないからと、すぐに叩いたりしてませんか?
痛みで一時的に約束を守る子供になっても、
それは恐怖による支配でしかなく、子供は萎縮してしまいます。

「お母さんはあなたのことが大好きだよ♪」

ということをお子さんにどうしたら伝えられるかを考えてください。
それができていなければ、自分自身こそ反省しないといけません。

でも、幼児ではまだ言葉でコミュニケーションがとれないので、
叩きたくなるようなことをしたときでも、グッと我慢して、
お母さんが愛情を込めてギュッと抱きしめてあげてください。

きっときっと大事な何かがお子さんに伝わるはずですよ☆

【参考】 ⇒ 【SSIニュースレター】「もっと知りたい脳のはなし」!
関連記事

コメント
この記事へのコメント

子供の反抗心を抑えるテクニック

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/767-e1acf96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の反抗心を抑えるテクニック

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「子供の反抗心を抑えるテクニック
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「子供の反抗心を抑えるテクニック 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。