なぜ合格報告率が95%以上もあるのか!? 目次から各記事を5日間読めば、あなたも合格を体感できます♪   簿記2級独学合格の心配に終止符を打つための【簿記2級独学合格の秘訣を公開】しています☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

トップページスポンサー広告> 自殺対策は進んでいるか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページTVドラマ お笑い 癒し> 自殺対策は進んでいるか?
昨年、自殺対策基本法が成立し、施行されています。
(過去の記事:「自殺対策基本法」成立!

日本は先進諸国の中でも自殺者が多く、年間約3万人にもなります。

1993年に日本で出版された自殺ハウツー本「完全自殺マニュアル」は、
100万部以上のベストセラーとなりましたが、大きな物議をかもしました。

著者の鶴見氏は、
「私の本は、日本社会のタブーをさらけ出したのです。
 自殺は犯罪ではありません。私たちには自由があるのだから、
 自殺した人を責めるべきではないのです。」
と語っています。

交通事故死亡者数が年間7千人程度と比較すると、自殺者数は約4倍!!
(」゜ロ゜)」 ナント。。。

同氏は、本のまえがきに次のように書いています。
「なぜ若者は自殺するのか。
 この何度も何度も繰り返されてきた質問に、
 僕はうんざりしていた。
 でも、次の質問に答えてくれた人は誰もいない。
 私たちはなぜ自殺してはいけないのか、
 なぜ生き続けなければならないのか?」

同書では、首吊り・服毒・入水・投身・リストカット・ガス中毒などの
自殺の手段が紹介されるとともに、各項目ごとに、苦痛・手間・
見苦しさ・他人への迷惑度・致死度などが具体的に記載されています。

例えば、ガス中毒の項目では、「ガス配管の引込みや部屋の目張りなど
手間はかかるが、苦痛はなく、遺体もきれいである。」とあります。

「私たちが知るべきなのは、どうやって自殺するかということなのです。」

しかし、『自殺の権利』を認める鶴見氏も、
ここ数年の自殺は予期しなかった方向へと転じているといいます。

完全自殺マニュアル」でも触れていない“集団自殺”の増加です。

「集団自殺は好きではありません。
 自分の人生のことは自分自身で決めるべきだと思うのです
 私は、『自分で考えて』としか言いません。
 彼ら自身の自由を尊重しているので
 一生懸命な人生を強いられている人々から不安を少しだけ和らげる、
 この本はそんな存在であってほしいと思いました。
 ほんとうの話、読者には生きてほしいと思っていたのです。」

自殺する人の背景には借金問題があると言われますが、
そのことが直接的に自殺への衝動を駆り立てるのではなく、
その借金苦を原因として精神的に不安定な状態になり、
自殺の方向へと次第に気持ちが移っていくと言われています。

そのため、自殺防止には、
精神的なケアが何よりも重要だと言われています。

自殺だけでなく、衝動的に他人を殺傷する事件が多い昨今ですが、
みんなが「他人を思いやる気持ち」をほんの少し膨らませるだけで、
世の中は住みよくなるのではないかと思う今日この頃です。

クリックだけで企業が募金を行ってくれ、助かる命も増えますので、
クリック募金にも御協力よろしくお願いします。 ぺこ <(_ _)>
関連記事

コメント
この記事へのコメント

自殺対策は進んでいるか?

  に関連した内容であれば、何でもたくさん書き込んで下さい!!
------------------------------------------------------------------
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokimaster.blog41.fc2.com/tb.php/862-5c288053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自殺対策は進んでいるか?

  記事へのトラックバックについて
  ・・・「自殺対策は進んでいるか?
     記事についてのトラックバックは、トラックバック先で、
     「自殺対策は進んでいるか? 」への
     URLを明記していただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------

Before  | 簿記2級合格にまつわるエトセトラ |  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。